セイコー住研 | ゼロエネルギー住宅,制震住宅,天然木,自然素材

構造カルテ

KARTE

5つのチェックをクリアした「イノスの家」。
厳選された木材×確かな設計が、ワンランク上の安心感で支えます。

01壁量チェック壁の量

充分な量の耐力壁が入っているかどうかをチェックします。

地震や風圧への抵抗力となるのが、耐力壁の量です。
積雪の重さや風圧による力まで考慮して、
必要な壁量が配置されているかをチェックします。

イノスの家では、建築基準法を大幅に
上回る量の耐力壁を配置しています。

02編心率チェック壁のバランス

耐力壁の配置バランスをチェックします。

壁の量が多くても、配置が偏っていては、
充分な効果が期待できません。そのため、
耐力壁がバランスよく配置されているかをチェックします。

イノスの家では、編心率0.2以下を推奨してます。
(建築基準法では、編心率0.3以下を基準)

03梁せいチェック梁の強さ

折れたり、大きくたわまない梁が
配置されているかをチェックします。

住まいの自重や地震・台風・積雪などによって、
梁には大きな力が加わります。
そのために必要梁せいをもつ梁が配置されているかをチェックします。

イノスの家では、構造計算で求めらた梁せい以上の梁を配置しています
※床荷重のみを受ける梁は、0.65cm以下としています。

04柱の座屈土台、梁のめり込みチェック柱の強さ

十分な強さの柱・土台・梁が配置されているかをチェックします。

壁と同様に、柱にも力はかかります。
力を受けた時に折れないよう、また、土台・梁にめりこんだりしないよう、必要な強さを持った柱や土台、
梁が配置されているかをチェックします。

イノスの家では、座屈しない太さの柱、また、
柱がめりこまないために必要な強度を持った土台、梁を配置します。

05柱の引き抜きチェック接合部の強さ

柱と土台、梁が、充分な強度の接合金物で緊結されているかをチェックします。

地震や台風による水平力を受けた場合、
土台・梁から柱を引き抜こうとする力が発生します。
そのため、これに耐えうる強度をそなえた
接合金物が配置されているかをチェックします。

イノスの家では、建築基準法を大幅に
上回る量の耐力壁を配置しています。